全一般家節呼びかそんな今、それぞれの家では、それぞれの方法で節電テクニックを実行しています。そんな家庭が増えていると言うことです。その中で、特に節電を意識されている家電と言うのは、果たしてどれなのか!?ここでは、そんな観点で、節電しやすい家電とそうでない家電についてを見てみましょう。

それぞれの家庭で最も節電対策が行われている家電についてですが、それは「エアコン」です。東京工芸大学が2011年に行ったアンケートによると、実に全体の70%以上がエアコンに対して何らかの節電テクニックを実行すると答えています。実際、エアコンと言うものは、家電製品の中で最も消費電力を占める割合が大きいものと言われています。(汗)。ですから、節電テクニックもかなり多く紹介されていますよね。節電対象には、一番目を向けやすい所と言えます。

次に多いのは、「照明器具」になります。照明器具に対する節電の取り組みについてですが、とにかく「手軽に行える」と言う点が大きいですね。そうすると手間もかからなければ、不便になる要素も一切ありませんよね。こんな意味では、子供からお年寄りまで、誰にでも出来る節電テクニックと言えます。この次に多いのが「テレビ」とか「トイレ」といったものになります。

テレビについては、照明と同様で、使わないのに付けっぱなしにしているのを消すと言う節電対策が多いですね。また、明るさを抑えるだけでも立派な節電になります。ですから、手軽に行えますよね。(笑顔)この他にも、冷蔵庫、パソコンも多くの世帯で節電が行われています。